神奈川県自衛隊家族会

すべての自衛隊員と、その家族のために

  •   

 

 

お知らせ一覧
お知らせ
3/四役員会と忘年会は11月25日(土)に変更になりました。
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の内容が一部変更になりました。それに伴い、参加者の追加募集をします。申し込みは11月12日(日)23時まで!
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の案内を掲載しました
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
「活動状況調査票」の提出期限は10月10日(火)です
お知らせ
パソコンではX(旧Twitter)の最新情報が表示されるのですが、スマートフォンでは最新情報が表示されないケースがあるようです。その場合は、お手数をおかけしますが当会のアカウントをフォローする、X(旧Twitter)のアプリから閲覧するなどの対応をお願いいたします。
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
X(旧Twitter)がホームページで表示されるようになりました
記事投稿
令和5年度 「防衛講演会」のご案内を投稿しました
お知らせ
Twitterが表示されない(ログインしないとは閲覧できない)状態が続いているため、Twitterのスペースを削除しました。Twitterアカウントをお持ちの方は、引き続きTwitterで最新情報のチェックをお願いします(Twitterは毎日更新しています
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズ実施要領」を投稿しました
お知らせ
現在、Twitterの仕様変更のため大規模なバグが生じています。ホームページに設置されているTwitterが表示されない状態が続いておりますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集は終了いたしました(募集の再開はありません。)7月3日までにお申込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。詳細につきましては、改めてご案内させていただきます
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集を停止しました。神奈川県自衛隊家族会の会員は、所属する地区会を通じてお申込みください。それ以外の方は、募集を再開をする場合は、Twitter、及び当ホームページでご案内いたします
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズの案内」を投稿しました。詳細について、随時更新していきますので最新情報にご留意ください
お知らせ
6月2日(金)の下総航空基地研修は予定通り行います
記事投稿
「令和5年度 活動予定(随時更新)」を投稿しました
お知らせ
県家族会「2/四 役員会」は8月27日(日)に行います
記事投稿
「令和5年度 定期総会」の案内を投稿しました
お知らせ
【急募】護衛艦「いずも」・護衛艦「いかづち」の出国行事に参加を希望される方は、各地区会長までお問い合わせください
記事投稿
「横須賀教育隊部隊研修」の案内を投稿しました
記事投稿
「下総航空基地研修」の案内を投稿しました
記事投稿
会長メッセージを投稿しました
記事投稿
令和4年度分お知らせ一覧をこちらにまとめました
お知らせ
令和5年度「定期総会」は2023年6月10日(土)に行います
お知らせ
令和5年度「1/四役員会」は2023年5月14日(日)13時~行います
 

 

※2024年6月現在、PCの画面ではXのトップに固定している投稿が表示されるようです。少し下にスクロールすると、最新の投稿が表示されます。

※最新情報(パソコンの方は「F5」キーを押す最新の状態に更新されます。スマートフォンの場合、Xの仕様変更の関係で最新情報が表示されない状態が続いています)

 

  記事一覧

砕氷艦「しらせ」帰国行事!

帰国行事の様子

 

令和4年3月29日(火)、神奈川県自衛隊家族会(会長 小松龍也)は、第63次南極地域観測協力を終了し、横須賀港に帰国した砕氷艦「しらせ」(艦長:酒井1佐)の帰国行事に参加した。

 

春とは思えない花冷えの中、乗組員家族や関係者等が出迎える中、帰国行事が行われた。出国の際は、コロナの影響で部内関係者のみでの見送りであったが、今回は制限されているものの乗員家族も参列し、整列している隊員を見つけると待ちかねたかのように手を振っていたのが印象的であった。

 

しらせ乗員は、南極・昭和基地に越冬する隊員のための物資輸送のほか、艦上や野外での観測、基地設営を支援したが、近年昭和基地周辺の氷が薄いと言われてはいるものの9年連続で昭和基地に接岸できたことは、南極・昭和基地での順調な諸作業に貢献したことは間違いない。

 

入港行事では、海上幕僚長代理として出席した海幕副長(斎藤 聡 海将)から「多くの困難を乗り越え、任務を完遂したことは、指揮官の統率のもと乗組員一同が一致団結した賜物であると労をねぎらうとともに、しっかりと休養を取り次なる任務に備えてもらいたい。」と慰労の言葉を述べていた。

 

しらせは、約半分の乗員が交代し、艦の整備とともに新たな乗員での練度を上げ、64次南極地域観測支援に備えることになる。

 

神奈川県自衛隊家族会 会長

小松 龍也

 

 

砕氷艦「しらせ」の帰国時の様子はこちら