神奈川県自衛隊家族会

すべての自衛隊員と、その家族のために

  •   

 

 

お知らせ一覧
お知らせ
3/四役員会と忘年会は11月25日(土)に変更になりました。
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の内容が一部変更になりました。それに伴い、参加者の追加募集をします。申し込みは11月12日(日)23時まで!
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の案内を掲載しました
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
「活動状況調査票」の提出期限は10月10日(火)です
お知らせ
パソコンではX(旧Twitter)の最新情報が表示されるのですが、スマートフォンでは最新情報が表示されないケースがあるようです。その場合は、お手数をおかけしますが当会のアカウントをフォローする、X(旧Twitter)のアプリから閲覧するなどの対応をお願いいたします。
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
X(旧Twitter)がホームページで表示されるようになりました
記事投稿
令和5年度 「防衛講演会」のご案内を投稿しました
お知らせ
Twitterが表示されない(ログインしないとは閲覧できない)状態が続いているため、Twitterのスペースを削除しました。Twitterアカウントをお持ちの方は、引き続きTwitterで最新情報のチェックをお願いします(Twitterは毎日更新しています
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズ実施要領」を投稿しました
お知らせ
現在、Twitterの仕様変更のため大規模なバグが生じています。ホームページに設置されているTwitterが表示されない状態が続いておりますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集は終了いたしました(募集の再開はありません。)7月3日までにお申込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。詳細につきましては、改めてご案内させていただきます
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集を停止しました。神奈川県自衛隊家族会の会員は、所属する地区会を通じてお申込みください。それ以外の方は、募集を再開をする場合は、Twitter、及び当ホームページでご案内いたします
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズの案内」を投稿しました。詳細について、随時更新していきますので最新情報にご留意ください
お知らせ
6月2日(金)の下総航空基地研修は予定通り行います
記事投稿
「令和5年度 活動予定(随時更新)」を投稿しました
お知らせ
県家族会「2/四 役員会」は8月27日(日)に行います
記事投稿
「令和5年度 定期総会」の案内を投稿しました
お知らせ
【急募】護衛艦「いずも」・護衛艦「いかづち」の出国行事に参加を希望される方は、各地区会長までお問い合わせください
記事投稿
「横須賀教育隊部隊研修」の案内を投稿しました
記事投稿
「下総航空基地研修」の案内を投稿しました
記事投稿
会長メッセージを投稿しました
記事投稿
令和4年度分お知らせ一覧をこちらにまとめました
お知らせ
令和5年度「定期総会」は2023年6月10日(土)に行います
お知らせ
令和5年度「1/四役員会」は2023年5月14日(日)13時~行います
 

 

※2024年6月現在、PCの画面ではXのトップに固定している投稿が表示されるようです。少し下にスクロールすると、最新の投稿が表示されます。

※最新情報(パソコンの方は「F5」キーを押す最新の状態に更新されます。スマートフォンの場合、Xの仕様変更の関係で最新情報が表示されない状態が続いています)

 

  記事一覧

きずな(新型コロナウイルスの影響を最小限にするために!)

(引用元:海上自衛隊ホームページ)

 

新型コロナウイスの影響により、現状は第6波のオミクロン株が未だに猛威を振るっています。

 

過去2年の経験から、わが社もテレワークが主となり、感情の通じない装置を媒介して画面越しに仕事をせざるを得なくなっています。このため、調整相手の顔色や感情の変化を感じることがないまま細部の調整や契約に至るのは、なかなか困難を伴っているのが現状です。

 

自衛隊家族会の業務においても、新入会員の獲得の大きな機会でもある入隊・入校激励会を数年にわたり開催することが出来ず、神奈川県家族会としても新入会員獲得に苦慮しています。

 

幸いにして神奈川県自衛隊家族会では、自衛隊神奈川地方協力本部と「新入隊員の個人情報に関する協定」を結んでいるため、理解を得られる入隊者家族へ自衛隊家族会への入会の勧誘ができており功を奏しています。

 

その結果、ある程度の入会者を得ているものの、相対しての説明がないままの入会手続きとなることや入隊予定者家族にあまねく説明できるわけでもなく、会員拡大を目指す県下各地区会としては地本(各募集事務所)との協力が欠かせない状況にあります。

 

また所属する大和地区会では、毎月発刊される「おやばと」の配送作業を、その日に参加できる役員及び会員有志で実施しています。

 

「おやばと」配送作業もさることながら、この時を利用して、地区会の活動方針を確認したり、模索したりしており、まさにこの場は、井戸端会議ならぬ毎月の役員会別報のような機能を果たしており、地区会の活動の屋台骨の役目を果たしています。

 

コロナ禍にあって、家族会の活動が制限されて3年目に入り、その出口は見つかっていませんが、このような状況の中、歴史のある団体でも、油断していると組織の箍(たが)が緩みかねないことに思いを致し、組織力の維持に役員会別報を活用しています。

 

各県家族会(地区会)も同様かと思いますが、自衛隊の支援団体の一つとはいえ、研修や行事等への参加を通じて、ある意味自衛隊を利用させてもらい組織をまとめているところもあると思いますが、自衛隊を利用できない現状は、組織を維持するのに大きな痛手であることは否めません。

 

この機会を前向きにとらえ、種々の情勢にも耐え整斉と業務等が遂行できるよう努めるとともに、色々なツールを使い自衛隊家族会の活動が会員隅々に見えるような形になればと思い、役員等とともに新たな活動を模索していきたいと思っています。

 

(神奈川県自衛隊家族会会長 小松龍也)