神奈川県自衛隊家族会

すべての自衛隊員と、その家族のために

  •   

 

 

お知らせ一覧
お知らせ
3/四役員会と忘年会は11月25日(土)に変更になりました。
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の内容が一部変更になりました。それに伴い、参加者の追加募集をします。申し込みは11月12日(日)23時まで!
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の案内を掲載しました
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
「活動状況調査票」の提出期限は10月10日(火)です
お知らせ
パソコンではX(旧Twitter)の最新情報が表示されるのですが、スマートフォンでは最新情報が表示されないケースがあるようです。その場合は、お手数をおかけしますが当会のアカウントをフォローする、X(旧Twitter)のアプリから閲覧するなどの対応をお願いいたします。
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
X(旧Twitter)がホームページで表示されるようになりました
記事投稿
令和5年度 「防衛講演会」のご案内を投稿しました
お知らせ
Twitterが表示されない(ログインしないとは閲覧できない)状態が続いているため、Twitterのスペースを削除しました。Twitterアカウントをお持ちの方は、引き続きTwitterで最新情報のチェックをお願いします(Twitterは毎日更新しています
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズ実施要領」を投稿しました
お知らせ
現在、Twitterの仕様変更のため大規模なバグが生じています。ホームページに設置されているTwitterが表示されない状態が続いておりますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集は終了いたしました(募集の再開はありません。)7月3日までにお申込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。詳細につきましては、改めてご案内させていただきます
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集を停止しました。神奈川県自衛隊家族会の会員は、所属する地区会を通じてお申込みください。それ以外の方は、募集を再開をする場合は、Twitter、及び当ホームページでご案内いたします
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズの案内」を投稿しました。詳細について、随時更新していきますので最新情報にご留意ください
お知らせ
6月2日(金)の下総航空基地研修は予定通り行います
記事投稿
「令和5年度 活動予定(随時更新)」を投稿しました
お知らせ
県家族会「2/四 役員会」は8月27日(日)に行います
記事投稿
「令和5年度 定期総会」の案内を投稿しました
お知らせ
【急募】護衛艦「いずも」・護衛艦「いかづち」の出国行事に参加を希望される方は、各地区会長までお問い合わせください
記事投稿
「横須賀教育隊部隊研修」の案内を投稿しました
記事投稿
「下総航空基地研修」の案内を投稿しました
記事投稿
会長メッセージを投稿しました
記事投稿
令和4年度分お知らせ一覧をこちらにまとめました
お知らせ
令和5年度「定期総会」は2023年6月10日(土)に行います
お知らせ
令和5年度「1/四役員会」は2023年5月14日(日)13時~行います
 

 

※2024年6月現在、PCの画面ではXのトップに固定している投稿が表示されるようです。少し下にスクロールすると、最新の投稿が表示されます。

※最新情報(パソコンの方は「F5」キーを押す最新の状態に更新されます。スマートフォンの場合、Xの仕様変更の関係で最新情報が表示されない状態が続いています)

 

  記事一覧

令和5年度 海上自衛隊 遠洋練習航海部隊出国行事

令和5年度 海上自衛隊 遠洋練習航海部隊出国行事

(家族や関係者に見送られ、横須賀から鹿島立ち!)

 

 

5月25日(木)、令和5年度海上自衛隊遠洋航海部隊の出国行事が、横須賀の逸見岸壁で実施された。


海上自衛隊の遠洋練習航海は、毎年3月に広島県江田島市にある海上自衛隊幹部候補生学校を卒業した初級幹部に対し、外洋航海を通じて知識技能を実地に習得させるとともに、慣海性を涵養し、幹部自衛官として必要な資質を身に着ける、いわゆる潮気を身に着けさせるために、昭和32年以降毎年実施されており、本年度で67回目となる。


本年度の遠洋練習航海部隊は、練習艦隊司令官(海将補 今野泰樹)以下、練習艦「かしま」、「はたかぜ」の2隻からなり、実習幹部約160名(うち女性約20名)を含む、総勢約560名からなる大部隊である。横須賀出港後、針路を北東にとり、アラスカのダッチハーバーを皮切りに中南米を中心に8か国を訪問、総行程約52,400㎞(約28,300海里)、約150日に及ぶ航海になるという。

 

特に、アリューシャン諸島のダッチハーバーへの寄港、日本の反対側に位置するマゼラン海峡を通峡する等、国益にとっても大きな意味を持つことになろう。また実習幹部にとっても、国家とは、国防とは何なのかといったことを直接見聞でき、また国際感覚を身に着けるためにも貴重な経験になるはずである。


行事は、五月晴れの絶好の天候の中、国会議員を含む数多くの家族や関係者の見守る中、海幕長から壮行の辞として、「千変万化する環境の中、しっかりと潮気を身につけ、ユーモアを備えた海上自衛隊幹部として精進し、大きく成長し帰国することを希望してやまない」と激励した。

 

これを受けて、今野司令官から「行ってきます!」と激励等に応えていた。

 

激励の言葉を述べる酒井海上幕僚長(画像引用元:海上自衛隊ホームページ)

 

花束贈呈においては、増田好平自衛隊家族会会長の代理として、小松龍也神奈川県自衛隊家族会会長が、隊友会、水交会の代表らとともに、部隊の代表に花束を贈呈し、五か月にも及ぶ航海の安全を祈念した。

 

今野練習艦隊司令官に花束を渡す小松会長(画像引用元:海上自衛隊ホームページ)

 

 

見送りに駆け付けた家族や支援団体関係者から盛大な拍手と声援を受けて乗艦する実習幹部(画像引用元:海上自衛隊ホームページ)

 

(画像引用元:海上自衛隊ホームページ)

行事終了後、実習幹部を含む乗組員が直ちに乗艦した練習艦隊は、寂しさと成長して帰国してほしい期待とが入り混じった家族や関係者等が、手製のUW旗(安航を祈るの意)や軍艦旗の小旗を大きく振る中、長一声の汽笛とともに出国して行った。UW!

 

公益社団法人 神奈川県自衛隊家族会

小松 龍也(大和地区会)

 

 

練習艦隊の活動の様子は、下記の海上自衛隊ホームページよりご覧いただけます。

▶「令和5年度 遠洋練習航海について」