神奈川県自衛隊家族会

すべての自衛隊員と、その家族のために

  •   

 

 

お知らせ一覧
お知らせ
3/四役員会と忘年会は11月25日(土)に変更になりました。
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の内容が一部変更になりました。それに伴い、参加者の追加募集をします。申し込みは11月12日(日)23時まで!
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の案内を掲載しました
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
「活動状況調査票」の提出期限は10月10日(火)です
お知らせ
パソコンではX(旧Twitter)の最新情報が表示されるのですが、スマートフォンでは最新情報が表示されないケースがあるようです。その場合は、お手数をおかけしますが当会のアカウントをフォローする、X(旧Twitter)のアプリから閲覧するなどの対応をお願いいたします。
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
X(旧Twitter)がホームページで表示されるようになりました
記事投稿
令和5年度 「防衛講演会」のご案内を投稿しました
お知らせ
Twitterが表示されない(ログインしないとは閲覧できない)状態が続いているため、Twitterのスペースを削除しました。Twitterアカウントをお持ちの方は、引き続きTwitterで最新情報のチェックをお願いします(Twitterは毎日更新しています
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズ実施要領」を投稿しました
お知らせ
現在、Twitterの仕様変更のため大規模なバグが生じています。ホームページに設置されているTwitterが表示されない状態が続いておりますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集は終了いたしました(募集の再開はありません。)7月3日までにお申込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。詳細につきましては、改めてご案内させていただきます
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集を停止しました。神奈川県自衛隊家族会の会員は、所属する地区会を通じてお申込みください。それ以外の方は、募集を再開をする場合は、Twitter、及び当ホームページでご案内いたします
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズの案内」を投稿しました。詳細について、随時更新していきますので最新情報にご留意ください
お知らせ
6月2日(金)の下総航空基地研修は予定通り行います
記事投稿
「令和5年度 活動予定(随時更新)」を投稿しました
お知らせ
県家族会「2/四 役員会」は8月27日(日)に行います
記事投稿
「令和5年度 定期総会」の案内を投稿しました
お知らせ
【急募】護衛艦「いずも」・護衛艦「いかづち」の出国行事に参加を希望される方は、各地区会長までお問い合わせください
記事投稿
「横須賀教育隊部隊研修」の案内を投稿しました
記事投稿
「下総航空基地研修」の案内を投稿しました
記事投稿
会長メッセージを投稿しました
記事投稿
令和4年度分お知らせ一覧をこちらにまとめました
お知らせ
令和5年度「定期総会」は2023年6月10日(土)に行います
お知らせ
令和5年度「1/四役員会」は2023年5月14日(日)13時~行います
 

 

※2024年6月現在、PCの画面ではXのトップに固定している投稿が表示されるようです。少し下にスクロールすると、最新の投稿が表示されます。

※最新情報(パソコンの方は「F5」キーを押す最新の状態に更新されます。スマートフォンの場合、Xの仕様変更の関係で最新情報が表示されない状態が続いています)

 

  記事一覧

横須賀教育隊に入隊した長男へ

今年、横須賀教育隊に入隊された隊員の保護者のS様より、息子さんに向けてのメッセージをいただきました。S様のご家庭は、次男さんがすでに航空自衛隊に入隊されているとのことですが、縁あって今年度神奈川県自衛隊家族会にご入会いただきました。

 

5月19日に行われた横須賀教育隊部隊研修はじめ、下総航空基地研修にもご参加いただくなど、家族会の活動にも積極的にご参加いただいています。S様、いつもありがとうございます♪

 

 

服務の宣誓(画像引用元:横須賀教育隊ホームページ

 

長男:ゆーちゃんへ


入隊おめでとう!


あなたが自治会長をしていた頃、あなたの奥さんと共に、ウクライナから自治会内に避難されてきたウクライナの母娘に、通訳を介して懸命に自治会の説明をしましたね。

 

ウクライナの母娘から「Дякую Дякую(ダクユウ ダクユウ)」と(ありがとう ありがとう)と感謝されましたね。それはあなたが会長を務めた自治会は「安全・安心で明るく、住みよい生活環境の向上をはかることを目的とする」としていて、そしてあなたが海上自衛官として旅立っていくからでした。そのことは決して忘れないでください。


日本国民に限らず、世界の人々は、自衛隊に期待しています。世界の人々は、自国を復興する時に、日本から自衛隊が駆けつけてくれれば、その国のことばで、心からの感謝を伝えてきます。


航空自衛官4年目の実弟と共に、仲間と共に精進してください。
ふたりの自衛官の父は、日本の自衛隊が誇りです。

 

新会員S(横浜北地区会)

 

 

\がんばれ、新隊員!/