神奈川県自衛隊家族会

すべての自衛隊員と、その家族のために

091
  •   

 

 

お知らせ一覧
お知らせ
3/四役員会と忘年会は11月25日(土)に変更になりました。
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の内容が一部変更になりました。それに伴い、参加者の追加募集をします。申し込みは11月12日(日)23時まで!
記事投稿
陸海空、全部魅せます!「武山地区研修」の案内を掲載しました
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
「活動状況調査票」の提出期限は10月10日(火)です
お知らせ
パソコンではX(旧Twitter)の最新情報が表示されるのですが、スマートフォンでは最新情報が表示されないケースがあるようです。その場合は、お手数をおかけしますが当会のアカウントをフォローする、X(旧Twitter)のアプリから閲覧するなどの対応をお願いいたします。
記事投稿
令和5年度 「 活動予定表」を更新しました
お知らせ
X(旧Twitter)がホームページで表示されるようになりました
記事投稿
令和5年度 「防衛講演会」のご案内を投稿しました
お知らせ
Twitterが表示されない(ログインしないとは閲覧できない)状態が続いているため、Twitterのスペースを削除しました。Twitterアカウントをお持ちの方は、引き続きTwitterで最新情報のチェックをお願いします(Twitterは毎日更新しています
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズ実施要領」を投稿しました
お知らせ
現在、Twitterの仕様変更のため大規模なバグが生じています。ホームページに設置されているTwitterが表示されない状態が続いておりますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集は終了いたしました(募集の再開はありません。)7月3日までにお申込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。詳細につきましては、改めてご案内させていただきます
お知らせ
防衛大学校「遠泳訓練」応援クルーズの募集を停止しました。神奈川県自衛隊家族会の会員は、所属する地区会を通じてお申込みください。それ以外の方は、募集を再開をする場合は、Twitter、及び当ホームページでご案内いたします
記事投稿
「防衛大学校 遠泳訓練応援クルーズの案内」を投稿しました。詳細について、随時更新していきますので最新情報にご留意ください
お知らせ
6月2日(金)の下総航空基地研修は予定通り行います
記事投稿
「令和5年度 活動予定(随時更新)」を投稿しました
お知らせ
県家族会「2/四 役員会」は8月27日(日)に行います
記事投稿
「令和5年度 定期総会」の案内を投稿しました
お知らせ
【急募】護衛艦「いずも」・護衛艦「いかづち」の出国行事に参加を希望される方は、各地区会長までお問い合わせください
記事投稿
「横須賀教育隊部隊研修」の案内を投稿しました
記事投稿
「下総航空基地研修」の案内を投稿しました
記事投稿
会長メッセージを投稿しました
記事投稿
令和4年度分お知らせ一覧をこちらにまとめました
お知らせ
令和5年度「定期総会」は2023年6月10日(土)に行います
お知らせ
令和5年度「1/四役員会」は2023年5月14日(日)13時~行います
 

 

最新情報(パソコンの方は「F5」キーを押す最新の状態に更新されます。スマートフォンの場合、Xの仕様変更の関係で最新情報が表示されないケースもあります)

 

  記事一覧

令和5年度インド太平洋方面派遣(IPD23)護衛艦、横須賀を出国!

令和5年5月31日(水)、神奈川県自衛隊家族会(会長 小松龍也)は、令和5年度インド太平洋方面派遣(IPD23)に参加する護衛艦「いずも」の出国行事に参加した。

 

出国行事が始まる前、各支援団体の代表達がいずも艦長 城1等海佐らを激励。隊員家族は、いずもの格納庫を見学したり、隊員と記念写真を撮ったり笑顔で会話を楽しむなど、思い思いに出国までのひとときを楽しんでいた。

 

快く記念撮影に応じてくれた横須賀地方総監 乾海将、第1護衛隊群司令 西山海将補、いずも艦長 城1等海佐、自衛艦隊司令官 齋藤海将)。気さくなお人柄が感じられた

 

自衛艦隊司令官 齋藤海将の激励に応える第1護衛隊群司令 西山海将補といずも艦長 城1等海佐

 

激励の言葉を送る小松前会長

 

第1護衛隊群司令 西山高広海将補の指揮もと、横須賀から出発する護衛艦「いずも」と呉を母港とする護衛艦「さみだれ」、大湊を母港とする護衛艦「しらぬい」及び搭載航空機4機で第1水上部隊を編成するという。


今回の訓練には、他に第2、第3水上部隊及び潜水艦部隊が加わり、総勢約1200名が多国間共同訓練をはじめとする各国とのさまざまな合同訓練等に参加するという。


出国式では、自衛艦隊司令 斎藤 聡海将から、「ロシアのウクライナ侵略による世界の安全保障環境の大変動のさなか、自由で開かれたインド太平洋の実現に資するべく、国際社会の繁栄に貢献しようとする日本の強い決意を世界に示す極めて重要な意義を有する派遣であり、隊員個々が日本を代表していることを肝に銘じ、諸外国海軍等の相互理解や信頼関係の強化に努めてもらいたい」との壮行の辞があった。

 

 

 

 

 

 

最後に西山海将補が家族に「いってきます!」と一礼して乗艦すると、格納庫のハッチが閉まり、いよいよ別れの時がすぐそこに近付いてきたことを実感


コロナも明け多くの関係者や家族が見守る中、式典終了後、直ちに乗艦し、長一声の汽笛が響く中、出港していった。

 

岸壁からは、母親であろうか?手製のUW旗(「安航を祈る」の意)を艦が見えなくなるまで振る姿が印象的であった。帰国は9月中旬になるという。

 

手作りのUW旗を振る家族

 


急な募集だったにも関わらず、神奈川県自衛隊家族会からも数名が見送りに駆け付けた


「いってらっしゃーい」無邪気の子どもの声に思わず目頭が熱くなる
 

隊員の姿が小さくなっても手を振り続ける家族たち

 

ご安航を祈ります!

 

神奈川県自衛隊家族会

小松龍也(大和地区会)